ウッドデッキとオーニングの組み合わせで役立つシーン

オーニングの活用
01陽差しを調整して省エネ効果

夏の冷房費は、窓ガラスに何も付けない場合と比較して、約1/3まで節約できます。

可動式なので季節にあわせて、陽差しを採り入れることもできます。

02室内の日焼け対策

窓から侵入してくる紫外線はフローリングや家具などの色褪せの原因になります。

オーニングを設置して紫外線をカットすれば、美しい状態を長く保つことができます。

03雨よけ対策に

オーニングは、突然の雨から守ってくれる便利な雨よけとしての役割も果たします。

小雨程度なら、そのままの状態でオーニング下の空間を活用できます。

04プライバシーを守る

家が隣接していたり通行人が多い場所でも、オーニングがあれば視界をさえぎることができ、プライバシーが確保できます。
スクリーンを取り付ければさらに安心です。

05強い陽射し・紫外線をカット

長い庇のように張り出したオーニングが紫外線をしっかりカット。

陽射しの強い真夏でも、安心してお子様を遊ばせることができます。

06夏の快適空間をつくる

人体に有害な紫外線をカットし、涼やかな日陰の空間をつくるオーニング。

暑い夏の日も窓を閉め切ることなく新鮮で、爽やかな空気を取り込むことができます。

07デッキと組み合わせて屋外リビングに

オーニングと合わせてデッキを設置すれば、オープンエアが爽やかなアウトドアリビングに。

大勢を招いてのガーデンパーティなど多彩な用途に活躍します。

08子どもの遊び場として

オーニング&デッキがつくる開放的な空間は、お子様の遊び場にもぴったり。

外の空気の中でのびのびと、しかも目が届くから安心して遊ばせることができます。

オーニングの種類

彩風  
壁付けタイプ  
Copyright(C) KOKEN NET LTD. ALL RIGHTS RESERVED.